07:29 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領 ドーピングについて:ロシアは国際的な義務を果たしている

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    ロシア
    短縮 URL
    12078281

    プーチン大統領は、ドーピング問題についてコメントした。大統領は、ロシアは(常に)この悪弊を根絶し、法を改善し、国際機関や国際オリンピック委員会(IOC)と作業し、義務を厳格に果たしていると指摘した。

    プーチン大統領はまた、スポーツへの政治介入は「危険な繰り返し」であると指摘した。ロシア大統領府広報部が伝えた。

    声明の中では「今我々は、スポーツへの政治介入の危険な繰り返しを目にしている。最近の出来事、国際的なスポーツとオリンピックムーブメントを取り囲むふつうではない雰囲気は、1980年代初頭と似たものをひとりでに呼び起こす。このような介入の形は変化したが、本質は以前と同じで、スポーツを地政学的圧力、国や民族のネガティブなイメージづくりの手段としている」と述べられている。

    またプーチン大統領は、「人類のために巨大な統一的役割」を果たしているオリンピック・ムーブメントは、再び分裂の危機に陥る恐れがあるとの見方を示した。

    なおプーチン大統領は、ロシアのドーピングに関する報告書で直接の実行者として名前が挙がった人物らは、調査が完全に終了するまで一時的にポストから外されると発表した。

    米ニューヨーク・タイムズ紙は5月、ソチ五輪でメダルを獲得したロシア選手少なくとも15人が、自国開催の2014年五輪で圧倒的な勝利を収めることを目指したロシアの「ドーピングプログラム」の一員だった、とする、モスクワのアンチ・ドーピング検査室の元室長グリゴーリイ・ロドチェンコフ氏の言葉を報じていた。のちWADAは、同氏の発言について独自の調査を行うと発表した。

    タグ
    五輪, ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント