09:10 2020年04月06日
ロシア
短縮 URL
0 150
でフォローする

沿海州採石場のカリーニングラード琥珀コンビナートの専門家らが重さ2.7キロの天然琥珀を産出した。アンナ・マナホワ報道官がスプートニクに明かした。

「このサイズの天然琥珀はそう簡単には出ない。ここ数年で初めてだ」という。

バルト海沿岸のヤンタールヌィ村付近には琥珀の世界埋蔵量の約90%が集中しており、約5000万年前の琥珀が採掘されている。毎年、琥珀の工業生産を行うロシア唯一の企業カリーニングラード珀コンビナートが、約300トンを生産している。埋蔵量は全体で11万6000トンと推定されている。

先に伝えられたところによると、謎の紫の有機球体が研究者により海底で発見された

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント