01:08 2020年08月13日
ロシア
短縮 URL
東方経済フォーラム2017 (92)
1131
でフォローする

「マツダ・ソレルス・マニュファクチャリング・ルス(MSMR)」社(ロシアの自動車メーカー「ソレルス」と日本の自動車メーカー「マツダ」の合弁企業)は9月にウラジオストクで開催される東方経済フォーラムのために特別に150台を製造した。同社が発表した。

同社は昨年もイベント参加者・ゲストの移動のために新型マツダ6を100台用意している。今年はウラジオストクで組み立てられた150台が用いられる。

100台がマツダ6、50台がマツダCX-5(黒)だという。

「我々は、工場の従業員である、もともとウラジオストクや沿海州に住んでいた人々が、極東で行われる国際的なイベントに貢献したという事実を特に誇りに思う」とドミートリイ・クジノフ社長。

先に伝えられたところによると、日本の安倍首相は9月にウラジオストクでロシアのプーチン大統領と会談することを見込んでいると述べた。

トピック
東方経済フォーラム2017 (92)

関連:

日本、ウラジオ「東方経済フォーラム」へは決定権を有す代表団を派遣
マツダ ハンドル付近から出火の恐れ ほぼ100万台リコール
タグ
自動車, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント