21:59 2017年09月20日
東京+ 25°C
モスクワ+ 16°C
    メディア、エリツィン氏の選挙活動に対する米国の介入を改めて報道

    メディア、エリツィン氏の選挙活動に対する米国の介入を改めて報道

    © Sputnik/ Dmitryi Donskoy
    ロシア
    短縮 URL
    11461271

    ロシア当局と協力関係にあったとされるハッカーらによる米民主党全国委員会のコンピュータネットワークへのハッキングに対する怒りを背景に、ロシアの初代大統領ボリス・エリツィン氏の選挙キャンペーンへのワシントンの干渉を想起するべきだ。ガーディアンが報じた。

    ビル・クリントン氏率いるホワイトハウスが直接率いていたとされる1996年のエリツィン氏の選挙運動への米国人顧問の関与のエピソードが改めて取り上げられた。

    2003年、米国で、ロシアの選挙運動を管理するために雇われた3人の米国人政治工学者のストーリーを描いた映像作品が公開された。その3人とは、ジョージ・ゴートン氏、リチャード・ドレスナー氏、ジョー・シュメイト氏。 1996年のタイムによるインタビューで3人は詳細にロシアでの仕事やホワイトハウスとの関係について説明していた。

    外国の選挙運動に対する干渉はかなり一般的になっており、米国自体もそれで利益を収めているという。干渉は「政治そのものと同じくらい古いものだ」とガーディアン。

    先に伝えられたところによると、米大統領選でヒラリー・クリントン氏が選出された場合、夫のビル・クリントン元大統領はホワイトハウスでの会合に参加することができなくなる

    関連:

    ビル・クリントン氏のプーチン氏評価、ホワイトハウスは15年も機密に
    プーチン大統領 クリントン氏についての質問に「それはラヴロフ外相に聞いてみたまえ」
    タグ
    歴史, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント