08:13 2020年04月08日
ロシア
短縮 URL
1120
でフォローする

プーチン大統領とトルコのエルドアン大統領との昨年11月以来初の会談を待っているマスコミの代表者たちが、今朝からペテルブルク郊外にあるストレルナという町のコンスタンチン宮殿を一杯にしている。

数ヶ月の間凍りついていた2国間関係の雪解けが待たれている会談に訪れるため、トルコ、ロシア、大手国際通信局、テレビ局、そして欧州、米国、中東、中国、日本の全国紙の、200以上のジャーナリストが記者登録をした。

両大統領はまず1対1で会談を行い、その後代表団を交えての会談となる。その後にはプーチン大統領とエルドアン大統領の合同記者会見が予定されている。最後に両大統領はロシアとトルコのビジネス界の代表と話し合う。

先に伝えられたところによると、西側諸国はプーチン、エルドアン両大統領の会談に動揺している。

関連:

トルコ逓信局、同国内でのスプートニクサイトのブロッキングを解除
プーチン大統領とエルドアン大統領との今度の会談から何が待たれるかがトルコで話される
タグ
トルコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント