16:39 2019年12月08日
サハリンでの強い地震後 2-3週間余震が続く可能性

サハリンでの強い地震後 2-3週間余震が続く可能性

© Sputnik / Artem Zhitenev
ロシア
短縮 URL
144
でフォローする

14日サハリンで、マグニチュード5,8の地震が発生したが、専門家らは、今後2-3週の間、さらに余震が続くと予測し、警戒を呼びかけている。

地震:警告としての予知
© REUTERS / Yuya Shino
ロシア科学アカデミー地球物理学部サハリン支部のユーリイ・レヴィン支部長は、次のように伝えた―

「これまでに46回もの余震が記録されている。19時23分の夕方には、マグニチュード4,2の大きな余震があった。こうした状態は、今後2-3週間続くだろう。」

14日に発生した地震は、サハリン州の6つの地区(全住民9万1千人)で感じられた。震源に最も近い町は、アレクサンドロフスク-サハリンスキイで、その距離は65キロである。

関連:

地震でタジキスタン東部の建物や学校が30以上倒壊
地震発生、バイカル湖内、アンガラ川の源流付近で
タグ
地震, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント