12:41 2018年11月14日
ミサイル

2020年までにロシアは音速の7倍速いミサイルを作る

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
1165

2020年までにロシアでは音速の6倍~7倍の速度で飛ぶミサイルが開発される。このような仮説はロシアの「戦術ミサイル兵器」社のボリス・オブノソフ代表取締役によって17日に述べられた。

オブノソフ代表取締役は次のように述べる

「私は、20年代初めには音速の6~7倍の速度のミサイル製造が祝われていると思います」

オブノソフ代表取締役によると、このようなミサイル製造は既存の防空兵器を顕著に弱めるという。

「戦術ミサイル兵器」社は2002年に設立され、非戦略ミサイルシステム、「空対空」ミサイル、そして一連の他種の兵器のロシアの主な製造会社を統合している。

関連:

ナショナルインタレスト、ロシアの戦闘機を「空の王」と呼ぶ
ロシアの大型無人機の飛行実験始まる
タグ
武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント