18:17 2018年11月15日
サハリン

日本、サハリンの森林にスパリゾートを建設

© 写真 : Public domain
ロシア
短縮 URL
東方経済フォーラム2017 (92)
4171

日本企業「丸新岩寺」がサハリンでスパ施設を建設する意向。金曜、サハリン州知事報道官が述べた。

複合体の建設のための土地の提供に関する契約は9月上旬にウラジオストクで開催される第二回東方経済フォーラムで署名される計画。

複合体はユジノサハリンスクの森林地帯「観光渓谷」境界内の2.4ヘクタールの土地に建設される。すでに「ほのかサハリン」と名称が決まっている。

日本の会社はここで、グローバルスタンダードのサービスを適用する予定。休息と療養のための施設は通年で利用できる。すでに、同じエリア内に異なる機能や温度制御をもつプール、浴場、サナ・ジャグジー付エリア、休息用の場所、日本庭園が配置されることが判明している。訪問者は、美容と健康回復向けの施術、スパサービス、各種のマッサージを提供される。「ほのか」では、レストラン、カフェ、子供の遊び場も機能する。

建設は投資家の資金のみで行なわれる計画だという。

トピック
東方経済フォーラム2017 (92)

関連:

サハリンと北海道がさらに近くに:ロシアと日本の島の間にエネルギーブリッジが建設されるかもしれない
在ロシア日本大使館でサハリン投資案件プレゼンテーション開催
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント