01:40 2019年02月21日
セルゲイ・ラブロフ

ラブロフ露外相 クリミアがロシアの一部だと西側が認めないことを説明

© Sputnik / Ilya Pitalev
ロシア
短縮 URL
0 121

クリミアのロシアへの再統合を西側諸国が認めるのに法的問題は存在しないと、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相がモスクワ国際関係大学で生徒への演説中にそう述べた。

ラブロフ外相は次のように指摘した。

「政治的自由はなく、米国主導で西側諸国がウクライナよりかなり前から実施している線にそって、この情勢を利用しようという明らかな政治的願望がある。その線は、ロシア連邦を押さえ込む線だ」

ラブロフ外相は、クリミアのロシアへの再統合は「国際法に完全に則して起こった」と述べた。また、1970年の国連総会の宣言、つまり友好関係原則宣言に従い、国家の加盟もしくは統合、そして人民によって決定された他のあらゆる政治的ステータスの制定は、この人民による自決権発動の形態であると強調した。

先に伝えられたところによるとウクライナ代表は、クリミアをロシアの1部と認めた

関連:

クリミアで中世初期の「ベビーモニター」が見つかる(写真)
クリミア検事ナタリア・ポクロンスカヤ氏、より「女性らしく」イメージチェンジ(写真)
プーチン大統領 今週末 クリミア訪問の意向
クリミアでのテロ画策でロシアがウクライナとの外交断絶の恐れ
タグ
セルゲイ・ラブロフ, クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント