02:13 2020年02月24日
ロシア
短縮 URL
0 244
でフォローする

ロシアのカラシニコフ社はアサルトライフルの機能も持つ5.45mm軽機関銃RPK-16を開発中だと、アレクセイ・クリボルチコ最高取締役がメディアに伝えた。

クリボルチコ氏は次のように述べた。

「はい、そのような作業は行われている。現代の軍事紛争の経験研究をもとに、我われは5.45mmカラシニコフ軽機関銃RPK-16の開発を進めている。重量、寸法、精度と汎用性の点でこの機関銃は類を見ないものだ」

クリボルチコ氏はまた、新型機関銃のために、カラシニコフ社製の自動小銃のためにも使えるようになる、大容量の弾倉も開発されたと述べた。

先に伝えられたところによると、カラシニコフ社は新型軍用キャタピラロボットを製造した

関連:

米国、F-35戦闘機を日本に投入へ
米マスコミ ロシア製戦車を世界最強トップ5に含める
タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント