14:48 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領、2018年の大統領選挙に出馬する可能性についてコメント

    © Sputnik/ Alexei Druzhinin
    ロシア
    短縮 URL
    0 1782160

    プーチン大統領は、まだ2018年の大統領選挙に参加するかどうか決めていないと述べた。

    「私は自分についてはまだ何も決めていない」。プーチン氏が国際情報ホールディングス「ブルームバーグ」のインタビューで語った。

    「まずは(議会)選挙を通過し、結果を見る必要がある」とプーチン大統領は強調した。

    「自分たちに課した課題と計画を実現するため、人々の生活レベル向上のため、経済成長、社会方面の発展、国防能力の向上といった目標を達成するべく働かねばならない」

    「これらの課題の解決に応じて、その後、2018年の大統領選挙をどう組織するか、誰がそれに参加するべきかを見定めたい」とプーチン大統領。

    ブルームバーグのインタビューの中の最も興味深い点について後ほどスプートニク日本がお届けする。

    先に伝えられたところによると、プーチン大統領は、ロシア政府のサイトに2日公開されたブルームバーグのインタビューで米国からの肯定的な信号について語った。

    関連:

    G20サミット:プーチン大統領とオバマ大統領、秘密体制で会談を開く
    プーチン大統領:世界で紛争の可能性が高まっている
    プーチン大統領:ダーイシュ(IS)の拡張はすべての国の安全保障にとっての挑戦
    プーチン大統領 中国G20サミットへ到着
    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント