23:03 2019年07月21日
ペスコフ大統領府報道官

米国の対露制裁拡大、クレムリンからの回答

© Sputnik / Alexey Kudenko
ロシア
短縮 URL
281

米国の対露制裁リスト拡大は5日にプーチン、オバマ両大統領が会談で取り上げたばかりのデリケートな分野における両国のこれからの相互関係の進展速度とは深刻に食い違う。7日、ロシア大統領府のペスコフ公式報道官はこうした声明を表した。

「現時点では細かな点を語ることはできない。再度言うことができるのは唯一、制裁問題で我々が依拠する主要な原則とは相互関係の原則だということだ。

新たなリストはもちろんこれから分析されていくが、これは我々の関係拡大を促すものでは絶対にない。」ペスコフ報道官はロシアは制裁拡大に反応を示すかという記者団の問いにこう答えた。 

「G20サミットのフィールドで実施された両首脳の会談がこのような制裁拡大の追加的な歩みで縁取られたことは遺憾だと言える。」

関連:

メルケル独首相、「制裁解除の潮時ではないが、議題には上がりうる」
欧州企業、制裁を迂回しクリミアと貿易
タグ
制裁, 対露制裁, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント