00:14 2018年07月20日
ロシアのペスコフ大統領報道官

露大統領報道官 WADAのデータベースハッキングにロシアが関与したという情報にコメント

© Sputnik / Sergei Guneyev
ロシア
短縮 URL
190

ロシアのペスコフ大統領報道官は、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)のデータベースがハッキングされ、これにロシア政府とロシアの官庁が関与しているという情報について、これはあり得ないことであり、話しにならないと述べた。

13日、WADAはロシアのハッカーがデータベースに不正アクセスしたとホームページで発表した。

ペスコフ報道官は、同じような問いにロシアのプーチン大統領がすでに答えており、大統領は現代のハッカーらはあらゆる第3国経由で自分たちの行動をリダイレクトするという形で活動していると述べた、と言及した。

ペスコフ氏は記者団に、「明らかに言えることは、ロシア政府やロシアの官庁がこのような活動に少しでも何か関与したというのは話にならないことであり、あり得ないことだ」と述べた。

またペスコフ報道官は、謂れのない非難はいずれの機関も引き立てることはないと指摘した。

先に伝えられたところによると、WADAは、米国のビーナスとセレナのウィリアムズ姉妹が、治療目的で禁止薬物を使うことを許可していた

関連:

ロシア WADAへの拠出金額2位の国だと判明
WADA、スポーツ仲裁裁判所のサイトがハッカー攻撃
WADA元会長:ロシア当局は、陸上競技のドーピングスキャンダルに未関与
タグ
ハッカー, WADA, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント