03:18 2017年03月24日
東京+ 8°C
モスクワ+ 8°C
    新聞

    「極東を一変させるという日本の首相の大規模計画の裏には何が」から「ロシアが日本にクリル諸島を渡せない7つの理由」まで、週刊「ロシアから見た日本」9月12日から9月18日まで

    © Fotolia/ fragolerosse
    ロシア
    短縮 URL
    14670184

    1週間の初めの月曜日に、先週1週間にロシアで報道された日本関連のニュース、解説をダイジェスト版でお届けする番組、週刊「ロシアから見た日本」です。

    ロシアの報道機関が日本をどういう視点でとらえているかを短い引用でご紹介。9月12日~9月18日号は以下のとおり。

    このテーマはサウンドクラウドでお送りしています。詳しい内容をお聞きになりたい方はこちらからお入りください

    プーチン大統領、広島長崎訪問の可能性

    「この政治的接近のデモンストレーションもモスクワの側からではなく、むしろ日本側から示されているものだ。」

    「今日の経済」紙、ロシア科学アカデミー極東研究所日本調査センター、パヴリャテンコ氏。

    極東開発の日本の意気込みにロシア人はかえって疑惑

    「先日日本で多くの役人と話をしたところ、彼らは、与党のなかにさっさと領土問題を片付けてしまいたいという非常にシリアスな気運があると断言していた。これによって中国、米国との関係で、また他の世界との関係でより強い姿勢を打ち出せると彼らは考えているのだ」パノフ元駐日ロシア大使の発言。

    雑誌「プロフィール」、「対立の接近。ロシア極東を一変させるという日本の首相の大規模計画の裏には何が隠されているのか?」

    ロシアが日本にクリル諸島を渡せない7つの理由」

    …理由その3、日本は対米関係において未だにあまりに政治的な独自性に欠けるから。こうした国際状況で米国にただで贈り物をするなどロシアにはその気はない。
    リアノーボスチ通信

    日本の燃料電池自動車の拡大は米国経済に深刻な脅威

    「新たな代替エネルギー技術、エンジン技術は内燃機関型エンジンには経済的なライバルになりかねず、米国経済を著しく複雑化させる恐れがある。またシェール革命に疑問を呈することになりかねない。これは借金で進められているものであり、その返済にはこのさき15年もかかる。米国は地質学者から電気工に至るまで大量の失業者であふれかえるかもしれない…。」

    「ロシア新聞」ロシア科学アカデミー経済研究所のイヴァン・カピトノフ上級研究員

    関連:

    「英国のEU離脱後の経済支援のためにあらゆる政治的メカニズムを用いる」、週刊「ロシアから見た日本」6月27日から7月3日まで
    「不可侵条約はソ連対戦準備を終えるまでの隠蔽手段」、週刊「ロシアから見た日本」7月4日から7月10日まで
    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      田布施システムは 欧米マフィアの将棋の駒。 目的は 中露敵視 戦争
      ○ otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

      ○ ポツダム宣言と 領土  本来は ロシア 韓国 尖閣の領土問題など存在しない
      1946年1月に出された連合軍最高司令部訓令によって、連合国は日本に帰属する小さな島々を決めた。その小島は「対馬諸島、北緯三〇度以北の琉球諸島等を含む約一千の島」で、「竹島、千島列島、歯舞群島、色丹等を除く」とされている。国後島と択捉島は千島列島の一部で、本来なら、日本は韓国やロシアとの間に領土問題が存在しない。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201505210000

      ☆ ソ連のことで不満があるなら 堂々と ヤルタ会談にまでさかのぼり
      英米に 抗議すべき。
    新しいコメントを読む (0)