23:29 2017年07月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 21°C
    自動制御システム「ソラトニク(戦友)」

    カラシニコフ社開発の新戦闘ロボット、性能が明らかに

    © 写真: Press Service of Kalashnikov Concern
    ロシア
    短縮 URL
    11960121

    「カラシニコフ」社は新開発の戦闘ロボットの性能を明らかにした。ニュースサービス。サイト、RNSが報じた。

    プーチン大統領はカラシニコフ社の視察で、新開発製品の自動制御システム「ソラトニク(戦友)」についての説明を受けた。

    「ソラトニク」は装甲使用のキャタピラー。特殊な用途としては戦場など火の燃え盛る中で偵察を行なえることや、武器弾薬の運搬、負傷者の救出、警備に使える。

    「ソラトニク」は防御手段、通信システム、視覚認識を装備し、受動的なレジームでは10時間にわたって機能することができる。また最高で2500メートル先の標的を見つけることができる。

    先に、シェレメチェボ空港でカラシニコフ社のお土産店がオープンした。店ではAK-47自動小銃の模型、迷彩服、「I love AK」と書かれたTシャツが買える、と報じられた。

    関連:

    フォーラム「アルミヤ2016」―新式カラシニコフ、人間戦車、その他多数(動画・写真)
    NI、ロシアの最も強力な未来の武器トップ5リストを作成(写真)
    タグ
    武器・兵器, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント