14:24 2017年06月27日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    サハリン

    1945年サハリン及びクリルで亡くなった日本兵の遺骨 日本へ送られる

    © 写真: Public domain
    ロシア
    短縮 URL
    2355130

    サハリン州当局は、2016年度の遺骨収集事業で見つかった、南サハリン及びクリル解放を目指す戦いで1945年に亡くなられた旧日本軍兵士の遺骨を日本側に引き渡す意向だ。サハリン州経済発展省のオクサナ・リムスカヤー=コルサコワ氏が伝えた。

    彼女によれば「今のところ、引き渡し手続きの正式な日取りについては決まっていないが、おそらく⒑月末か11月初めになる見込みだ。現在、ユジノサハリンスクの日本領事館及び厚生労働省の担当者と交渉中だ」。

    また彼女はさらに、次のように伝えた-「日本側に引き渡される遺骨の数は、今のところ明らかではない。今年、サハリンのスミルヌィホフスキイ地区で、6柱の日本兵の遺骨が見つかった。そしてクリル最北端のシュムシュ島で『ロシア捜索運動』のメンバーが、さらに12柱を発見した」。

    遺骨引き渡しの公式的な手続きは、これまでの慣例では、スミルヌィホフスキイ地区で行われる。火葬にした後、遺骨は日本へ運ばれ埋葬される。収集された歯の一部は、故人の身元を確認し家族・親族の有無を明らかにするためDNA鑑定に回される。

    なお昨年は、ロシア側から日本側に、日本軍人の遺骨31柱が引き渡された。

    先に伝えられたところによると、サハリンの捜索隊が、第二次世界大戦時の日本兵5人の遺骨を収集した。

    関連:

    日本人ジャーナリスト後藤氏斬首に衝撃を受けた英俳優 シリアでテロリストと戦う
    日本の無条件降伏をもたらしたのは何か:原爆か、それともソ連参戦か?
    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント