02:54 2019年12月16日
戦闘機F16

NI:ロシア機を背景にF-16は過去の遺物になっている

© Flickr / US Air Force
ロシア
短縮 URL
1290
でフォローする

F-35の開発が絶えず遅延していることにより、米国はF-16を当初予定より遥かに長く運用することを余儀なくされており、その一方で、ロシアにはSu-35やT-50(PAK FA)などの高度な新世代軍用機が登場している。ナショナル・インタレスト誌が報じた。

具体的には、ロシアのSu-35はステルス性能がさほど高くないが、F-16に発見されるより早くF-16を発見・攻撃でき、米国は劣勢に立たされる。PAK FAも米国戦闘機に対し同様の利点をもつ。

F-16の発見性能を向上させることも可能であろうが、それは問題の半面に過ぎないという。米国の戦闘機はステルス性能に欠けており、この問題は機体やエレクトロニクスの改善では解決することはできない。

先にロシアでレーザーで敵を破壊することができる航空機が登場すると報じられた。

関連:

フォーラム「アルミヤ2016」―新式カラシニコフ、人間戦車、その他多数(動画・写真)
NI、ロシアの最も強力な未来の武器トップ5リストを作成(写真)
米国防総省:ロシア機が黒海上空で米偵察機の行く手を阻んだ
タグ
武器・兵器, アメリカ軍, ロシア軍, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント