20:55 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 1°C
    ペスコフ大統領報道官

    ロシア政府、MH-17墜落調査をめぐる憶測について声明

    © Sputnik/ Sergei Guneev
    ロシア
    短縮 URL
    ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (70)
    41532210

    2014年ウクライナのマレーシア地方で起きたマレーシア航空機МН-17便、ボーイング777型機が撃墜された状況調査に憶測が伴われていると、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官が記者団に対し発表した。

    ペスコフ報道官は記者団に次のように述べた。

    「残念ながら、この歴史は全て、膨大な数の憶測、不適格で非専門的な情報によって縁取られている。この調査は、一連の諸国による大量の情報とレーダーデータの蔵匿と非提供によって伴われている」

    ペスコフ報道官は、ロシア側が有している大惨事についての情報は全て提供したと指摘した。

    ペスコフ報道官は次のように付け加えた。

    「しかし我われは、全ての国がこのような大量の情報を提供したのではないと遺憾を持って常に指摘している。たとえば、依然としてレーダー情報を提供していない国もある」

    マレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)は、2014年7月17日にウクライナ東部ドネツク州で墜落した。ウクライナは墜落について、ドンバス(ウクライナ東部・南部)の義勇軍に責任があるとして非難したが、義勇軍側は非難を否定した。

    トピック
    ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (70)

    関連:

    蘭MH17墜落究明委員会、撃墜した「ブーク」はロシアから
    ロシアの独立専門家 マレー航空機MH17便撃墜事件捏造者らのウソを暴く
    タグ
    ウクライナ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント