09:21 2017年03月23日
東京+ 6°C
モスクワ+ 7°C
    ロシア海軍潜水艦はもうソナーに「映らない」

    ロシア海軍潜水艦はもうソナーに「映らない」

    © Sputnik/ Vitaliy Ankov
    ロシア
    短縮 URL
    29179357

    ロシアの潜水艦は、敵の艦船や潜水艦が発するソナー信号を歪めることができるユニークな圧電セラミックアンテナを搭載することになる。新聞「イズヴェスチヤ」がロシア国防省スポークスマンの発言を引用して伝えた。

    最新の開発物である潜水艦の胴体を覆うこのポリマー膜は、現在使用されている潜水艦でも、また今後使われる次の世代の艦船でも利用される。

    システムの作動原則は、極めて単純だ。敵のソナー信号音は、ポリマー膜にぶつかると分析され、歪められ、送り返されてしまう。

    先に伝えられたところによると、ロシアは軍備からスホイ24型機を除外した

    関連:

    ロシア 軍備からスホイ24型機を除外
    ロシア 極超音速兵器の開発を2020年代初頭に完了する
    タグ
    ロシア軍, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      豊岳正彦
      これは現在世界一のソナー探知能力を誇る日本自衛隊の探知能力を超えた新装備であり、世界最強の国土防衛力を誇る日本自衛隊の領海制海権が失われたことを意味する。

      もっとも、今ではなく2年前からだけどね。

      ただし、核戦争以外の通常兵器戦争では、武器装備ではなく独りひとりの練達度が勝敗を決するから、軍事力即武器の性能ではないけれど。
    • avatar
      JBear
      ないす
    新しいコメントを読む (0)