15:17 2017年03月23日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    日本の狙いは投資と引き換えにクリル諸島ゲット」、「プーチン大統領との個人的関係に期待をかける安倍首相」、週刊「ロシアから見た日本」9月26日から10月2日まで

    日本の狙いは投資と引き換えにクリル諸島ゲット」、「プーチン大統領との個人的関係に期待をかける安倍首相」、週刊「ロシアから見た日本」9月26日から10月2日まで

    © Sputnik/
    ロシア
    短縮 URL
    1127538

    1週間の初めの月曜日に、先週1週間にロシアで報道された日本関連のニュース、解説をダイジェスト版でお届けする番組、週刊「ロシアから見た日本」です。

    ロシアの報道機関が日本をどういう視点でとらえているかを短い引用でご紹介。9月26日~10月2日号は以下のとおり。

    このテーマはサウンドクラウドでお送りしています。詳しい内容をお聞きになりたい方はこちらからお入りください。

    「日本は投資とクリル諸島を引き換えに」

    プーチン大統領の訪日時に安倍首相がどんな提案をするのか、マスコミは様々な憶測を続けている。投資と領土問題の関係について、ロシア側は鋭いまなざしを注いでいる。

    「手を取り合って働く」

    「…見方を変えれば(資源売買の)協力であってもこれは拡大に向かい、相乗効果をもたらすものでなければならない。売買だけの関係を脱却し、合同の地質調査や技術や機械の開発、人材育成などへ移って行くべきだ。(…)パートナー関係によってより相互の依存性が高まり、これを引き離すのはほぼ不可能となる。」 ロシア新聞、極東連邦大学、経済学スクール国際経済学部、タイギール・フジヤトフ教授

    「サハリン市民に日本の由緒ある勲章が授与」

    9月29日、日本で最高の勲章に数えられる旭日章がサハリン州の社会団体「サハリン・日本」代表のニコライ・ゾートフ氏に旭日章を授与。

    ゾートフ氏のほかにもサハリン国立大学先進発展研究所の所長で有名な科学者であるアレクサンドル・カシーレフスキー氏、ユジノサハリンスク室内楽団のアレクサンドル・ズラジャエフ芸術監督、サハリン日本人会 (サハリン北海道人会)の白畑正義(しろはたまさよし)会長の3人に名誉ある外務大臣表彰が授与されている。地方紙「サハリンとクリル諸島」

    関連:

    ロシアの主要鉄道が北海道まで延伸されるかもしれない
    ロシアとの平和条約は安倍首相にとっての強迫観念
    タグ
    露日関係, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      旭日章が送られた ということで なるほどなぁ と 思ってました。
      ロシアも よくよく その 意味が分かっているはずと思います。
      同じものは
      東京大空襲  原爆 と 深い関係がある
      カーチスルメイ にも 送られていますね。
      ameblo.jp/64152966/entry-12059401471.html

      米 と 露 に送られていても その 意味合いは 違いますが。
    新しいコメントを読む (0)