05:42 2020年08月10日
ロシア
短縮 URL
0 201
でフォローする

最大定員170人の「ボーイング737-800」が、2017年プログラム・チャーター 期間中に、カムチャツカ-日本間を運行する。カムチャツカ地方観光・対外関係局が「スプートニク」に伝えた。

カムチャツカー日本間のプログラム・チャーター は2011年にスタートした。旅行シーズンがピークを迎える7月から8月の時期に週に数回運行している。

カムチャツカ地方観光・対外関係局の代表者は、次のように語った-

「2016年には最大定員100人の航空機「スホイ・スーパージェット100」が、ペトロパヴロフスク・カムチャツキー-東京のルートを運行した。カムチャツカを訪れることを望む日本人観光客全員を収容するためには100人では席が足りなかった。来年プログラムの枠内で運行を実施する航空会社は、これまでよりも収容人数の多い『ボーイング737-800』を使用する計画だ」と述べた。

現在のところ、プログラムの開始は7月14日に予定されている。

日本は観光市場におけるカムチャツカの主な外国パートナーの一つで、2015年には日本人観光客およそ1400人がカムチャツカを訪れた。

先に伝えられたところによると、国際スキー遠征の参加者たちが、カムチャツカ半島にあるスレジンヌイ山脈のオーストヤラ山に登頂した

関連:

「カムチャツカの忠犬ハチ公」に新たな飼い主が見つかる!
カムチャツカに「ハチ公」現る(写真)
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント