00:15 2017年03月30日
東京+ 10°C
モスクワ+ 1°C
    赤の広場

    プーチン大統領、ロシアの力とは何かを語る

    © Sputnik/ Vladimir Sergeev
    ロシア
    短縮 URL
    51857410

    プーチン大統領は選挙後初めて開かれた下院議会で演説し、ロシアの力について、これは豊かな天然資源や国防能力だけにとどまらず、国民が一致団結した中にもあると語った。

    「この『力』という概念に我々は決して大国的な意味を含めはしない。我々は誰かに何かを押し付けたことは一度もなく、これからもそうしたことはしない。ロシアの力とは私たち自身の中にある。これは我々国民の中に、我々の人間の中に、我々の伝統、文化、経済、広大な領土、そしてもちろん天然資源、国防能力のなかにあるのだ。だが一番大事なのは我々の力は間違いなく国民が一丸となったところにある。」

    プーチン大統領はロシアの力を構成するすべての要素を忘れないよう呼びかけ、これこそ国の独立性を保つ上での主要な条件となると語った。

    先に、プーチン大統領は「カラシニコフ」社の社員との会合で人生で最も重要な原則のひとつを語った

    関連:

    プーチン・カレンダー、日本の文具店で好評発売中(写真)
    英国独立党党首「プーチン氏は政治的アイドル」
    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      ロシアは 悪魔の正体を知っていて そして プーチン大統領が 
      悪NWOと戦っており 国民を ゴイムではなく 大切な人間として見ているという
      圧倒的な 信頼感があるからです。
      魂レベルでの信頼です。
    • ネットもぐら
      >我々の力は間違いなく国民が一丸となったところにある

      壺の舌足らずでは到底言えない一言、偽装支持率じゃ無理だわな。
    • avatar
      Mieko
      信条、信念、国民への信頼、愛がないと、プ-チン大統領のような言葉は出て来ないと思う。嘘をついて、国民を騙し、国民のことを何とも思っていない、民意を反映しない、どこかの首相にはできないことだ。
    • unimaro unimaro
      そうですね。
      それと、忘れているのか最初から知らないのかわからないが、
      同盟国(CIS)の存在があるからこそ、ロシアが今まだ平和でおられることを忘れている。
      ロシアが同盟国を助け、同盟国がロシアを助けているその形があるから、ロシアの国境は同盟国によって守られている。それを脅かした例があるだろ?グルジア、ウクライナなど。
      なので、ロシア連邦国内の団結はもちろん、CIS内での団結も必須だとわかるよね?
      それが「完全に欠けていたから、今のグルジアやウクライナの状態がある」んだよ?
      それは「ロシアの今までの失敗の中の一つ」だということをロシアは認識しなければならない。今まだびたいち認識していない。だから進展無いままロシア周囲は危険状態放置なんだよ。
      その「同盟国」レベルの国が世界中至る所に増えたら?と想像できるかな?なんかロシア自動部は想像力に決定的に欠けているきらいがあるからなぁ、、致命的に。
      今まで俺様が言ってきたことを実践してりゃ、それがもう実現できていてあたりまえだったんだがなw
      ヒッキー大国だからなぁ、、いい意味でも悪い意味でも、、、もうちょっと社会経験積む必要あるだろうが、それは「もういい歳したおとなたち」が指導部やっているんだから、今までの経験と知識で補えば十二分のはずなんだが、、、なぜかできていなのが不可解w
      アメ公の犬もしくは洗脳されきった愚者じゃなけりゃ、ある程度は進化していていいはずなんだがなぁ?あ?
      ロシアの資質の半分も出しちゃいねぇよ。負けるためにいる、みたいな状態だよな今は。
    新しいコメントを読む (0)