18:20 2018年11月15日
Tu-95MS

ロシア、日本周辺の太平洋海域を網羅するパトロール師団を編成へ

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
1423

ロシア国防省では極東における新たな重爆撃機航空師団の編成が完了間近。同航空隊の課題は日本、ハワイ諸島、グアム諸島付近の太平洋海域のパトロールとなる。イズヴェスチヤ紙が状況に詳しい軍部筋からの情報として報じた。

重爆撃機航空隊には戦略爆撃機ツポレフ95MS、遠距離爆撃機ツポレフ22M3が入れられている。

極東師団はロシア航空宇宙隊の重爆撃機師団としては2団め。

なお前に伝えられたところによると、最大定員170人の「ボーイング737-800」が、2017年プログラム・チャーター 期間中に、カムチャツカ-日本間を運行する

関連:

ロシアの主要鉄道が北海道まで延伸されるかもしれない
極東ロシアが雪に埋もれる(写真)
タグ
ロシア軍, 極東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント