13:45 2021年08月03日
ロシア
短縮 URL
0 151
でフォローする

国防省はロシア機動戦術ミサイル複合体「イスカンデルーM」をカリーニングラード付近へ移送させたとの情報を確認した。国防省の報道官であるイーゴリ・コナシェンコフ陸軍少将によると、戦闘準備の一環でカリーニングラード州を「ミサイル部隊は1度ならず移送したし、移送していく」という。

コナシェンコフ陸軍少将は、ロシア軍が貨物船「アムバル」での移送の際にわざと「イスカンデルーM」を隠さなかったと付け加えた。これは、米国の偵察衛星の性能をはっきりさせるためになされたという。

10月7日、ロイターは米国諜報筋をもとに、ロシアは「イスカンデルーM」をカリーニングラード州に移送させていると報じた。

先に伝えられたところによると、ナショナル・インタレスト誌の専門家カイル・ミゾカミ氏が2030年までにロシア軍の装備となる最高の軍事装備のリストを作成した

関連:

ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発
ナショナル・インタレストがロシアと米国の原子力潜水艦を比較
タグ
ロシア, 武器・兵器
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント