10:40 2017年04月24日
東京+ 14°C
モスクワ-1°C
    ロシア、北極から5年間で40トン以上のゴミを運び出す

    ロシア、北極から5年間で40トン以上のゴミを運び出す

    © Sputnik/ Vera Kostamo
    ロシア
    短縮 URL
    0 746151

    バレンツ海のゼムリャ・フランツァ・ヨシファ島嶼(とうしょ)群に溜まったゴミ40トン以上が5年もの大掛かりな清掃作業の結果、全て運び出された。ロシア大統領特別代表のセルゲイ・イヴァノフ環境保護活動、エコロジー、輸送担当が明らかにした。

    「5年間でゼムリャ・フランツァ・ヨシファ島嶼は見違えるほど変わった。あそこからは40トンを超える様々なゴミが運び出された。一番多かったのは金属だった。」イヴァノフ大統領特別代表は「北極圏の国際協力、新たな挑戦と発展の方向性」と題された会議で演説したなかで明らかにした。

    イヴァノフ特別代表によれば、2017年、環境年の枠内で極圏地域の清掃が開始されるほか、コラ湾、ヤマロ・ネネツ自治管区、サレハルド付近では難破船の引き上げ作業も計画されている。

    会議「北極圏の国際協力、新たな挑戦と発展の方向性」は北極評議会創設20周年を記念してモスクワで10月12-13日に行なわれている。

    なお先に伝えられたところによると、日本政府は、北極海でのロシアの大規模ガスプロジェクトに日本企業を参画させる検討に入った

    関連:

    ロシアの科学者、地球の核の移動を記録
    米国は北極をめぐるロシアとの戦いで劣勢。日本はどちらを選ぶ?
    タグ
    環境, 北極, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント