12:39 2018年11月14日
露外務省報道官、連合軍のアレッポ攻撃を非難、ベルギーは即刻これに反応

露外務省報道官、連合軍のアレッポ攻撃を非難、ベルギーは即刻これに反応

© REUTERS / Abdalrhman Ismail
ロシア
短縮 URL
3124

ベルギー空軍のアレッポ空爆は国際社会の非難を受けていないものの、ロシアはベルギー軍のこうした攻撃はシリアの武装戦闘員を温存する試み以外の何ものでもないという見方をとらざるを得ない。ロシア外務省のマリヤ・ザハロヴァ公式報道官はこうした声明を表した。

18日、アレッポ州ハッサジェク村への空爆の結果、6人が死亡、2軒の家屋が破壊された。現場付近ではベルギー空軍のF-16戦闘機2機の飛行が確認されており、ロシア航空宇宙軍、シリア空軍の航空機は飛んでいなかった。

その一方でベルギーのスチーブン・ヴァンデプト国防相は声明を表し、「我々はどこで行動を行なうかは普段発表しないが、この数日はベルギー空軍の飛行機はこうした地区の上空は飛行していなかった。」としてベルギー空軍はアレッポ周辺では民間施設への攻撃を行っていないと主張している。

なお、ロシア国防省は昨18日声明を表し、 モスクワ時間10月18日10時からシリア・アレッポでの空爆を停止したことを明らかにしている。

関連:

ロシアの国連大使、アレッポの常時休戦の条件を列挙
「アレッポ行き人道物資輸送車列の爆撃に露加担の断定は政治化されたもの、事実の裏づけは皆無」
国連安保理 アレッポに関する決議案を一つも採択できず
タグ
ベルギー, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント