00:15 2017年03月30日
東京+ 10°C
モスクワ+ 1°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領「米国は、まずユーゴで、その後はイラクとシリアで国連憲章に違反した」

    © Sputnik/ Mikhail Voskresenskiy
    ロシア
    短縮 URL
    41248560

    国際討論クラブ「ヴァルダイ」の総会でプーチン大統領は「米国は、国連憲章に反し、世界で武力を何度も用いてきた」と述べた。

    プーチン大統領は「国連が、世界において一定のパワーバランスがあった第2次世界大戦後に創設された」事に注を促し「しかしその後、ソ連邦が崩壊すると米国は、もはや基本的な諸問題は誰とも打ち合わせる必要はないのだと決め、1999年にはベオグラードを空爆した」と指摘した。

    プーチン大統領は、さらに次のように続けた-

    「さらには、イラクでの出来事があった。その前には2001年のアフガニスタンがあった。我々は、確かに2001年9月11日の悲劇的出来事を知っている。しかしそれでもやはり、現行の国際法に従い、国連安保理事会にはかって、まずそこでしかるべき決議を下す必要があった。」

    このように述べたプーチン大統領は、国連憲章に反してリビア決議が採択されたことに注意を促し、次のように力説した-

    「この決議を、そこに何が書かれていたかを皆さんはお読みになったか? 飛行禁止区域だ。しかし、領土中でミサイル攻撃が始まった時に、飛行禁止ゾーンなど一体何なのだ。単なる乱暴極まりない歪曲だ。国連憲章にまたも違反したのだ。そして今度はシリアである。」

    関連:

    米参謀本部 モスル近郊の学校を攻撃
    ロシア国防省、シリアのイドリブ学校空爆のビデオはモンタージュ映像
    タグ
    国連, ウラジーミル・プーチン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      hidea7889
      平気で嘘をついては、偽情報を拡散し人々を洗脳しては、人殺し、破壊、強奪、侵略、戦争を繰り返すギャング集団アメリカに、世界は一致団結して悪事をバラしノーを突きつけるべきだろう。ノーを突きつけないからいつまで経っても調子に乗って侵略戦争を繰り返す。
    • avatar
      Mieko
      国連憲章にも平気で違反をする米国。それを知っていても知らぬふりをする米国追従国。これでは国連の存在価値が全くない。私も一致団結して、米国にNOを突きつけるべきだと思う。上記のように事実を述べることができる人は世界で唯一、プ-チン大統領しかいないことだ。
    • unimaro unimaro
      んー、知識として知っているけど、それが「どんな重大な意味なのか?」
      を本当には理解できていないようにも見えるんだがなぁ、、、
      まぁ、
      理解できている者が世界に何人いるかいないか、、ほどなので、理解できていなくても仕方がないんだけどねw
      ただ、
      ロシア大統領がそれを「本当に理解すること」をできていないのであれば、ゴルバチョフの二の舞になることが決定された、ということになる。
      逃れ様が無いこと。
      「悪党に対して愚かであることは、家族に対する裏切り」。
      家族はもちろん国家全体も同様。
    新しいコメントを読む (0)