14:39 2019年12月11日
スプートニク、若いジャーナリストのためのワークショップを開催スプートニク、若いジャーナリストのためのワークショップを開催

スプートニク、若いジャーナリストのためのワークショップを開催

© Sputnik / © Sputnik / Igor Russak
1 / 2
ロシア
短縮 URL
0 120
でフォローする

情報通信ラジオ局スプートニクが若い外国人ジャーナリストのためのワークショップを開始する。題して「ジャーナリズムワークショップ・スプートニク」。

10月31日から11月2日までの開催で、期間中、参加者は、30以上の言語で放送する国際的なメディアの特殊性を紹介され、スプートニクのラジオスタジオを訪問し、事実を扱うジャーナリストの仕事の道具について学ぶ。プロジェクトには20カ国からの代表者が参加する。中にはSANA通信(シリア)、オペラムンディ(ブラジル)、Telam(アルゼンチン)、アンタラ通信(インドネシア)、新聞グローバル・タイムズ(中国)、L'economiste(モロッコ)、Radio24syvラジオ(デンマーク)の若いジャーナリストらもいる。

「私たちはさまざまな国の若いジャーナリストらと経験を共有できてうれしい。ここで得た知識を自分の仕事に活用してくれることを願う」と国際放送スプートニクのアントン・アニシモフ代表。

「ジャーナリズムワークショップ・スプートニク」はスプートニクの今年第二の教育プロジェクト。スプートニクは9月、18カ国の代表が参加した、「国際ユースジャーナリストスクール」を開いた。

スプートニク(sputniknews.com)は数十カ国にマルチメディア情報ハブをもつ情報通信・ラジオ。スプートニクは30以上の言語でサイトを展開、アナログおよびデジタル放送を行い、モバイルアプリケーションやソーシャルネットワーク上のページをもつ。

関連:

スプートニク日本編集部初のブログ:お知り合いになりましょう!
写真でつづる国際通信社「ロシア・セヴォードニャ」の1日
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント