01:43 2018年10月20日
「ロシア・セヴォードニャ」の建物

「ロシア・セヴォードニャ」の建物内で爆発物発見されず

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
250

モスクワ中心部にある国際情報通信社「ロシア・セヴォードニャ」の建物内に爆発物があるとの通報を受け、専門家が調べていたが、結局爆発物は発見されず、建物へ入ることが再びできるようになった。 リア-ノーヴォスチ通信が、モスクワの緊急事態当局筋の情報を引用して伝えた。

情報筋によれば「建物の点検は終了した。不審物は何も発見されなかった。職員及び来訪者の出入りは再び自由になった。避難は行われなかった」。

先に伝えられたところでは、一人の女性が爆発物について通報した。現時点では、この人物は特定されていない。

関連:

トヨタ 爆発事故の影響で国内4工場で生産ラインを一部休止
フランス国民の大半が国内の社会的「爆発」を恐れている
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント