17:01 2017年08月20日
東京+ 27°C
モスクワ+ 23°C
    露カリーニングラード地中で琥珀の巨大な塊が発見

    ロシアで琥珀の巨大な塊が発見(写真)

    © Fotolia/ Oksf
    ロシア
    短縮 URL
    0 134290

    ロシアのカリーニングラード州で、1620グラムの琥珀の塊が発見された。

    琥珀の今後の運命は検査によって決められる。もし非常に価値のあるものだと認められれば、ロシア財務省下の国家貴金属店宝石備蓄機関(Gokhran)の貯蔵庫に収められる。もしそうでなければ、競売に掛けられる。また、琥珀には必ず名前が付けられるという。

    ヤンタルヌイ町付近に世界の琥珀貯蔵量の95%が集まっている。一方、このような大型の塊を見つけることができるのは非常に稀だ。だが、今年はこれで2度めなのだ。7月、2.7キロの琥珀が発見された。また、最も重い琥珀は12キロで、19世紀に発見された。

    関連:

    日本で光合成せず花も咲かない植物が見つかる
    アンゴラ、ダイヤで道路を舗装しちゃったかも
    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント