06:33 2018年08月17日
国連、ロシア発案のナチズム賛美との闘いを支持

国連、ロシア発案のナチズム賛美との闘いを支持

© AFP 2018 / DOMINICK REUTER
ロシア
短縮 URL
2162

ロシアが国連に提出した人種主義、人種差別、外国人嫌悪、不寛容を撤廃する決議案は国連総会の場で見直されることで承認された。総会の第3委員会の投票の結果、こうした決定が採られた。

ラヴロフ外相とケリー国務長官 米大統領選後初の会談
© Sputnik / Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation
この決議案は賛成131票、反対3票(米国、ウクライナ、パラウ)と棄権48カ国で承認された。昨2015年はこの決議案にカナダも反対したものの、今年は欧州の大多数の諸国と同じく棄権にまわった。

決議案には過去のナチズム、ネオナチズムを賛美する記念碑の建立、街頭デモといった形でのナチズムの横行に対する憂慮が強調されている。これに関係して第2次世界大戦時にナチズムと闘った人々の記念碑が侮辱され、破壊される事態にも話は及んでいる。

決議案はこのほかにもホロコーストの否定ないしは拒否の試みを激しく糾弾しているほか、宗教に対する不寛容、迫害、あるいは特定の市民または一定の民族集団や宗教集団に対する暴力の現れと闘っていく必要性を指摘している。

関連:

シャラポワさん、国連親善大使の役割復権の見通し
オランダがEU・ウクライナ連合の運命決める可能性
タグ
ナチズム, 国連, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント