16:28 2017年06月29日
東京+ 28°C
モスクワ+ 20°C
    ロシアのチュルキン国連大使

    ロシア国連大使:アレッポの死者数に関する米国務省の声明は「厚顔無恥なプロパガンダ」

    © AP Photo/ Richard Drew, File
    ロシア
    短縮 URL
    1718181

    ロシアのチュルキン国連大使は、米国務省のカービー報道官が発表したシリア北部アレッポの一般市民の死者数に関する声明を、「厚顔無恥なプロパガンダ」と特徴づけた。リア・ノーヴォスチ通信が報じた。

    チュルキン大使は、空爆の結果破壊されたアレッポの5つの病院について述べられた米国務省の声明について、「素朴な質問がある。それはどの病院か?ということだ。単に数を報告するのではなく、一つ一つ挙げる必要がある。我々はそのような具体的な情報を受けたことは一度もない」と述べた。

    先にカービー報道官は、インターネット上で「毎日アレッポで文字通り数千人が殺され、負傷し、害を受けて苦しんでいることを教えてくれる、(状況の)監視を行っている注目すべき人道支援団体の」情報を入手することができると発表した。
    チュルキン大使は、「昨日あるいは今日、毎日数千人の一般市民が命を落としているというのは、国務省の公式報道官による不届きな声明であり、厚顔無恥なプロパガンダだ。これは恥知らずなプロパガンダだ」と語った。
    またチュルキン大使は、ロシア航空宇宙軍のロシア機は、10月18日からアレッポを空爆していないと指摘した。

    関連:

    シリアでのトルコ軍の真の目的、エルドアン大統領発言にロシアからコメント
    シリア、武装勢支配下のアレッポから民間人8千5百人脱出
    タグ
    シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント