03:07 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    YouTubeのロシア撤退の情報をロシア政府が否定

    YouTubeのロシア撤退の情報をロシア政府が否定

    © AFP 2016/ Samantha Sin
    ロシア
    短縮 URL
    137660

    ロシア政府は、YouTubeがオンライン-シネマシアターに関する新法案に触れてロシア市場からの撤退を余儀なくされるというマスコミ報道を否定した。

    ロシア通信マスコミ省のアレクセイ・ヴォリン次官はRNS通信社に対して、専門的なコンテンツを含むオーディオビジュアル・サービスの外国企業、組織の参加が20%を超過してはならないという新法案の制限にYouTubeが引っかからないことを明らかにした。

    ロシア連邦通信情報技術マスコミ監督庁のワジム・アムペロンスキー公式報道官は、法案策定作業の過程でYouTubeをはじめとするビデオホールディングは法案の対象範囲からはずされたことを明らかにした。

    アムペロンスキー氏は「YouTubeがロシアから撤退しうるという話は全て現実に即したものではない」と語っている。

    関連:

    フェイスブック60億ドルの自社株買い
    ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ監督庁 SNS「LinkedIn」を遮断
    タグ
    インターネット, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • wickun
      イカサマの歴史は隠蔽のための法律の歴史でもあります。
      独自の解釈なら何の法律にも触れないでしょう。
      イルミナティは異星人をイカやタコで表現したりと、現実とわざと違う方へ導いていますから。
      イルミナティの描くレプティリアンなどもほとんどでっち上げだとわかります。
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース