03:06 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    トランプ氏、カザフ大統領に対露関係の将来性を語る

    トランプ氏、カザフ大統領に対露関係の将来性を語る

    © AP Photo/ Alexander Zemlianichenko
    ロシア
    短縮 URL
    0 832190

    次期米大統領に選出されたドナルド・トランプ氏はカザフスタンのナザルバエフ大統領と電話会談を実施し、ロシアとの協力の将来性を楽観的に捉えていると語った。カザフスタン大統領府の報道部が明らかにした。

    ナザルバエフ大統領はトランプ氏に対し、露米協力を深化させる上で重要となる3つの分野としてテロ対策、ウクライナ危機の調整、グローバルな核の安全保障の強化に注意を向けさせた。

    両者はまた中央アジア及び全世界における安定と安全の強化についても話し合っている。トランプ氏は「核の軍縮と非拡散をおいてこれより重要な問題はなく、これはグローバルなコンテキストで解決せねばならない」と語気を強めた。

    関連:

    トランプ氏、ビジネスからは身を引くと明言
    トランプ氏、米国旗焼却に対し国籍剥奪を提案
    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ドナルド・トランプ, カザフスタン, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント
    主要ニュース