22:00 2020年11月24日
ロシア
短縮 URL
2146
でフォローする

ロシアの軍事顧問ルスラン・ガリツキ-大佐が、アレッポのある住宅地でいわゆる「反政府勢力」と呼ばれる、戦闘員が行った砲撃によって受けた傷がもとで亡くなった。ロシア国防省が発表した。

同省は、ガリツキ-大佐はシリアでの任務を遂行する顧問グループの一員だと指摘した。大佐は死後、軍から高位の国家勲章を授与した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント