14:10 2018年11月15日
露独外相会談、アレッポ情勢の「長く真剣」な協議

露独外相会談、アレッポ情勢の「長く真剣」な協議

© AFP 2018 / John Macdougall
ロシア
短縮 URL
0 10

ロシアのラブロフ外相とドイツのシュタインマイヤー外相は、ドイツのハンブルグで会談した。アレッポ情勢、欧州の安全保障、平和に関する主要問題を話し合った。会談の終わりにドイツ代表団筋が記者団に、協議は長く真剣なものだったとし、次のように述べた。

「ラブロフ外相との会話の中心には、アクチュアルな問題があった。それは何よりもシリアやアレッポ情勢、欧州の安全保障、安定、平和に関する主要問題だ。」

さらに、消息筋が述べたところ、両外相はシリアでの人道アクセス問題について話し合った。

「シュタインマイヤー外相はラブロフ外相との会談で、人道アクセスの確保、即時停戦、政治的対話の再開を強く主張した」とドイツ外務省は指摘した。

関連:

数千の戦闘員が武器を置きダマスカス郊外を去った
アレッポでのロシア病院射撃は狙われたもの。戦闘員は位置情報保有ーペスコフ報道官
タグ
ドイツ, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント