00:44 2019年10月17日
セルゲイ・ラブロフとジョン・ケリー

ケリー米国務長官、駐トルコ大使殺害で捜査協力の申し出

© Sputnik / Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation
ロシア
短縮 URL
1113
でフォローする

20日、ケリー米国務長官は自らロシアのラブロフ外相に電話をした。ケリー氏はトルコのアンカラで射殺されたロシアの駐トルコ大使に弔意を表し、必要ならば捜査に協力すると申し出た。

またシリアの停戦履行状況や人道支援についても協議した。

以前にロシア外務省は駐トルコ大使の射殺が卑劣なテロ行為という見方を公明した。リア・ノーボスチ通信が報じた。

 

関連:

シリア和平プロセス再開呼び掛け
プーチン大統領、ロシア治安機関に国内・外で警戒強化を促す
タグ
テロ, セルゲイ・ラブロフ, ジョン・ケリー, トルコ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント