07:41 2019年11月13日
「シャルリー・エブド」のツポレフ事故画は紙に描かれた糞、露国防省

「シャルリー・エブド」のツポレフ事故画は紙に描かれた糞、露国防省

© AFP 2019 / Jeff Pachoud
ロシア
短縮 URL
露軍機ツポレフ154墜落 (34)
3253
でフォローする

ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ公式報道官は、ツポレフ154墜落事故について仏「シャルリー・エブド」誌が掲載した風刺画を「不自然で醜悪」なものと非難した。

数々のスキャンダルで知られる「シャルリー・エブド」誌はツポレフ154の事故に関する風刺画を掲載。同機にはアレクサンドロフ記念軍合唱団のアーティスト他92名が搭乗していた。風刺画には落下するツポレフ機と、その背景に合唱団のソリストが「あああああ…」と絶叫するする場面が描かれている。この絵へのキャプションは「赤軍合唱団のレパートリーは拡大。」

コナシェンコフ露国防省公式広報官はこの風刺画について「パリの2本足の連中が例によって描く糞は心に訴えかけるものではない。こうした不自然な醜悪さに注意を向けること自体、正常な人間には屈辱的なことだ」とこきおろした。

トピック
露軍機ツポレフ154墜落 (34)

関連:

消息筋:墜落したツポレフ154の2つ目のブラックボックス モスクワで解析
私の友人、パーシャについて:ツポレフ154墜落事故
タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント