20:08 2018年11月18日
ロシア貯蓄銀行の支店

ロシア最大手銀行、7歳少年のためにサンタクロースになる

© East News /
ロシア
短縮 URL
0 90

ロシア最大手銀行のズベルバンクが、ロシアのサンタクロース、ジェド・マロース(厳寒爺さん)に同銀行のカードをお願いした7歳の少年キリル君に、新年、クリスマスのプレゼントを送った。

母親のナデージュダ・ゲンリフセンさんがソーシャルネットワークに、キリル君のジェド・マロースへの次の手紙の写真を公開した。

「親愛なるマロースおじいさん!僕はキリルといいます。7歳です。小学校に入学しました。よく勉強しています。フルートを弾きます。ストリートアート用のスプレー缶をください。あと、ズベルバンクのカードも。」

ナディージュダさんの友人らはソーシャルネットワークで、手紙をズベルバンクのある従業員に転送した。銀行は、小さな子供の奇跡が叶うようベストを尽くす必要がある、と決めた。キリル君はズベルバンクの1枚目のカードの所有者となった。

ズベルバンクのデビットカードは7歳からの子どもが取得可能で、子どもの名義で発行されるものの、両親の口座と紐づけされている。子どもは現金の代わりにカードで安全に支払いができ、さらに両親はカードで決済を見ることができるというもの。さらに、両親は毎月のカードでの支払限度額を設定することができる。

先に、日本の国際協力銀行(JBIC)はロシアとの「領土問題に関する交渉の促進を期待して」年内にロシアのズベルバンクに40億円の融資を行うと報じられた。

関連:

シリアの女性たちからロシア軍人へのプレゼント
相対性理論:サンタクロースはどうやって一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けるのか?
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント