19:56 2018年07月16日
記録的な厳寒で、モスクワ上空に「氷の虹」出現

記録的な厳寒で、モスクワ上空に「氷の虹」出現【写真】

© Sputnik / Evgeny Biyatov
ロシア
短縮 URL
1251

マイナス30度の厳寒はモスクワ上空に、白虹(幻日、ハロ現象)という美しい光学現象を引き起こした。ロシアメディアが報じた。この光学的現象は、太陽の周りに光り輝く輪だ。

「『幻日』は空気中に降る氷の破片により太陽光が屈折することで起きる。空では1つないし複数の、本物の太陽と同様の高度に位置する太陽像が地平線上にみられる。幾千の垂直な氷の結晶が光を反射し、この美麗な現象を形成する」と気象センターは説明する。

先に、7日未明、モスクワでは今冬最も寒い日が訪れ、気温はマイナス30度以下に低下すると伝えられた。

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント