10:53 2018年07月19日
ロシア 「空飛ぶ車」開発へ

ロシア 「空飛ぶ車」開発へ

© Fotolia / Tim Mueller-Zitzke
ロシア
短縮 URL
0 160

ロシア将来展望研究基金は、旅客及び貨物用の垂直離陸機の開発に300万ルーブルを拠出する。

ロシアのマスコミによると、コンクールの結果に従い重量100キロから1000キロの貨物および乗客を輸送するための垂直離陸機あるいは超短距離離陸機(50×50メートルの場所から離陸可能)の見本がつくられる。

このような飛行機は第一に救助活動にとって重要だと考えられている。なお「空飛ぶ車」では、無人操作と遠隔操作、手動(有人)操作機能が実現される予定。

伝えられたところ、モスクワ国立大学で第3回「革新的な実践:科学+ビジネス」が開かれた。国、ビジネス、教育の各界の代表者による会議で、ロシアの大学の卒業生に成功をもたらしたロシアの教育システムの特徴を規定した。また、今後の教育システムの更なる発展の方向性も規定された。

関連:

ロシアの学者 夜間に宇宙から地球を照らすことを望む
ロシアで開発された写真加工アプリ 10カ国で話題沸騰 (写真)
タグ
科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント