05:01 2017年09月21日
東京+ 21°C
モスクワ+ 10°C
    カラシニコフ社がロシア新型戦闘ロボを初公開

    カラシニコフ社がロシア新型戦闘ロボを初公開

    © 写真: A.V.Karpenko 2009-2017
    ロシア
    短縮 URL
    0 3301144

    ロシアの兵器製造コンツェルン「カラシニコフ」社が新たに開発した戦闘用ロボット「ナフレブニク」を公開した。「カラシニコフ」社の前身はイジェフスク機械製作工場。同工場は世界で最も大量に用いられている自動小銃、カラシニコフ銃(AK-47)の製造で有名。

    戦闘ロボ「ナフレブニク」にはGShG7およびGShG62の4本の多銃身式航空用機関銃が装備されている。「カラシニコフ」社の説明では今回公開の「ナフレブニク」は別の戦闘ロボ「ソラトニク」とペアで行動する。

    「ナフレブニク」はモスクワの兵器特殊機器展で公開された。同展覧会は連邦国家親衛部隊庁科学技術評議会の第1会議の枠内で行われている。

    ロシアのカラシニコフ社は昨年9月の軍事技術フォーラム「アルミヤ2016」で新型軍用自動システムであるキャタピラロボット「ソラトニク」を公開している。「ソラトニク」は無人機と共に諜報し、軍隊に火力支援を行うことが出来る。

    タグ
    武器・兵器, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント