09:20 2017年06月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    ジハードのためにローンを利用するテロリストたち

    イングーシ共和国首長 戦闘員の市民生活復帰に関するイングーシの経験をシリアで用いることを提案する

    © Flickr/ Zoriah
    ロシア
    短縮 URL
    122151

    ロシア・イングーシ共和国のエヴクロフ首長は「スプートニク」のインタビューで、戦闘員を市民生活へ復帰させるイングーシの経験をシリアで用いることが可能だと述べた。

    首長は、外国の傭兵と、「彼は人を殺し、さらに何らかの事件に関与していた」と誰もが知っている祖国へ戻る元戦闘員の違いを理解する必要があると強調した。

    また首長によると「現在大勢の戦闘員が許されることを単に信じることができない」ため、市民生活への復帰プロセスは政府に対して大きな信頼感を持たせることを可能とする。

    首長は、シリア人にとってイングーシの経験を学ぶことは無駄ではないとの見方を示した。

    首長はまた、戦争による疲労や、欧州と米国の政治勢力の配置が変動している状況の中、今シリア人には和解するためのあらゆるチャンスがあると強調した。

    これより前、ロシアのサハリンで、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」側で戦うためにシリアへ行こうとしていた中央アジアからの移民グループが拘束された。

    タグ
    テロ, ISIS, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント