20:37 2017年03月25日
東京+ 9°C
モスクワ+ 2°C
    チュルキン国連大使

    ロシアのチュルキン国連大使が20日、ニューヨークで急死

    © AP Photo/ Seth Wenig
    ロシア
    短縮 URL
    43013238

    ニューヨークでロシアの国連大使を務めていたヴィターリー・チュルキン氏(64)が明日の65歳の誕生日を待たずして急死した。

    ロシア外務省はこの訃報を深い哀悼の意をこめて発表した。

    チュルキン氏はロシアの誇る偉大な外交官として国連本部で大使の任についていた。氏の近親者の方々に心からお悔やみを申し上げます。ロシア外務省はこうした声明を表した。

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      原因が書かれていない ・・・

      ショック 
      ご冥福をお祈りいたします
    • avatar
      Y.Kodai
      心よりご冥福をお祈りします。

    • avatar
      junobejp
      死因は心臓発作だそうですね。マンハッタンにある国連の事務所の机に座っていた時に突然亡くなられたそうですが、、お元気でしたのに、残念です。 64歳というのに心臓発作は、戦争屋CIA系の関与が疑われますね。。
      心よりご冥福をお祈りします。
    新しいコメントを読む (0)