20:15 2017年08月19日
東京+ 25°C
モスクワ+ 28°C
    ロシアの新世代爆撃機

    ロシアの新世代爆撃機 【動画】

    © 写真: Ministry of defence of the Russian Federation
    ロシア
    短縮 URL
    11025131

    ロシア航空宇宙軍用の新たな戦略爆撃機(長距離飛行用の次世代航空複合体、PAK DA)の開発者たちは、素案を擁護した。国立航空システム研究所が伝えた。

    現在装備されている長距離爆撃機ツポレフ22M3、戦略爆撃機ツポレフ95とツポレフ160の3種類の航空機全てが長距離航空機PAK DAに代わる予定。

    PAK DAを製造する際には、経済的要素も考慮される。ツポレフ160は未だにそれを凌駕するものはない傑作だが、非常に高価だ。新たな爆撃機はツポレフ160よりも安価となり、より大量に生産される。

    新たな爆撃機の開発は2013年から行われている。「全翼機」の図式で製造され、亜音速で飛行する予定。

    先に伝えられたところによると、ロシア太平洋艦隊向けディーゼルエレクトリック潜水艦プロジェクト636.3「ワルシャワンカ」の最初の2隻の建造が、今年2017年末までにサンクトペテルブルグのアドミラルテイスキエ造船所で始まる。

    タグ
    武器・兵器, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント