16:57 2018年09月20日
これからの「スメルチ」はドローンで撃つ

これからの「スメルチ」はドローンで撃つ

Сергей Пятаков
ロシア
短縮 URL
0 70

ロシアは多連装ロケットランチャー「スメルチ(竜巻の意)」の発射機の中に組み込む用のドローンを開発。科学生産統一体「スプラフ」のニコライ・マカロヴェツ主任設計者が記者団を前に明らかにした。

マカロヴェツ主任設計者は機械の技術性能については明らかにせず、ドローンは完成しており受注できる体制にあると語るにとどまった。

マカロヴェツ氏は「スプラフ」では現在、多連装ロケットランチャーの射程距離を拡大する目的で改良作業が行われていることを明らかにした。同氏の説明では射程距離を伸ばすには重量を軽量化し、空気力学的特質を改善し、ミサイル用燃料を違う種類のものに変えることで可能になる。

先の報道では、ロシア航空宇宙軍用の新たな戦略爆撃機(長距離飛行用の次世代航空複合体、PAK DA)の開発者たちは、素案を擁護した。

タグ
武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント