02:00 2018年06月19日
「LinkedIn」将来的にロシアでの事業再開を望む

「LinkedIn」将来的にロシアでの事業再開を望む

© AP Photo / Marcio Jose Sanchez
ロシア
短縮 URL
0 42

世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス「LinkedIn」は、将来的にロシアでの事業再開を望んでいる。同社が伝えた。

去年11月17日、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ監督庁は「LinkedIn」を侵害者リストに登録し、通信事業者に「LinkedIn」の遮断を求める通知を送った。

その後「LinkedIn」の指導部は、ロシア国内での事業再開を望み、そのためにロシア当局と協力する用意のあることを明らかにした。しかし先に水曜日、ロシア通信・情報技術・マスコミ監督庁は「LinkedIn」は、ロシアの法律に対する違反をなくす用意のない事を伝えてきた、と発表した。同監督庁の判断では、個人のデータベースのローカライゼーションに関する要求遂行を拒否したことは、同ソーシャルネットワークがロシア市場での事業に関心のない事を物語っている。

一方「LinkedIn」側は、コメントを出し、その中で同ソーシャルネットワークをブロックし、ロシアのクライアントへのサービスをできなくした監督局の行動に失望感を表明した。

なお同社は「LinkedInは、今後もロシア語で使用できるだろう。我々は、将来にロシアでのサービスが再開できるよう期待している」と指摘した。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント