13:34 2020年06月05日
ロシア
短縮 URL
3016
でフォローする

米ニューヨークの検視局は、ロシアのヴィタリー・チュルキン国連大使の死因を公表しないと発表した。

発表には、「国際法とニューヨーク法務局のプロトコル遵守の一環で主任検視官のオフィスに、ヴィタリー・チュルキン大使の死因と性質を公表しないよう指令が出された…。国務省の正式な要請に示されているように、チュルキン大使の外交特権はその死後においても継続している」とある。

ニューヨークでロシアの国連大使を務めていたヴィターリー・チュルキン氏(64)が明日の65歳の誕生日を待たずして急死した

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント