18:04 2017年04月30日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    プーチン大統領 西側諸国を反汚職委員会による操作と非難

    プーチン大統領 西側諸国を反汚職委員会による操作と非難

    © Sputnik/ Michael Klimentyev
    ロシア
    短縮 URL
    1692291

    ロシアは西側のある諸国とは違い、内政分野を操作する目的で反汚職委員会とやらの創設を許すことは絶対にない。プーチン大統領が次のように述べた。

    スプートニク日本

    「世界支配を目指す幾つかの国はいわゆる反汚職委員会創設を実践し始めた。それは何よりも、創設目的のためではなく、内政分野における操作の目的で利用される当局の平行的機関だ。」

    プーチン大統領は、「ロシアが自国で何かを創設させることは絶対にないが、幾つかの諸国ではそのような機関がすでに創設済みだ。東欧でだ。しかし、市民の利益を保障するためには自身が、汚職対策と最も広い意味での法律違反対策において、結晶のように正直で効率的である必要がある」と強調した。

    先の報道では、プーチン大統領がトランプ大統領と会談を行うのはおそらく、G20サミットにおいて。ロシア大統領府のペスコフ報道官がCNNテレビのインタビューを受けて、次のように述べた。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント