15:38 2018年09月24日
「ロシアのスパイ行為」についての米議会の公聴会 10の馬鹿げたクレーム

「ロシアのスパイ行為」についての米議会の公聴会 10の馬鹿げたクレーム

© AFP 2018 / Brendan Smialowski
ロシア
短縮 URL
266

3月19日に米議会で5時間にもわたって行われた米大統領選挙へロシアが及ぼした影響についての公聴会はそれに関する緊急ニュースもさることながら、そこで出されたあまりにばかげた声明によって記憶に刻まれるものとなった。

スプートニク日本

スプートニクはこの公聴会で出された10の最も馬鹿げたクレーム証言をここに集めてみた。

1.民主党議員らは「黄金の雨」の一件は未だに全く根拠のないものの、存在すると信じている。「黄金の雨」に関する報告書をカリフォルニア出身、下院諜報委員会のメンバーのアダム・シフ議員は幾度も引用した。

2.連邦捜査局(FBI)は、トランプ氏の選挙活動にロシアが関与した可能性について活発な捜査を行っていることを認めた。一方ではロマン・アブラモヴィチ氏の妻、ダリヤ・ジュコヴァ氏など富裕なロシア人からの寄付をヒラリー・クリントン陣営が公然と受け取っていた事実がある。

3.FBIのコミ長官が捜査が続けられていることを明らかにした直後、 コミ長官自身も、米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャース長官もロシアが米国での投票プロセスに影響を及ぼさなかったことを認めた。ところがこの件に関する捜査は終了しなかった。FBIもNSAもロシアを自分たちの主たる敵とみなしている。少なくともこれについて両機関の長官らは公聴会の席で明言した。

4.カリフォルニア出身のジェキ・シュペーエル下院議員のロシアは米国に害を及ぼそうとしているかとの問いに、FBIのコミ長官は「YES」と答えたが、これは同国のトランプ大統領がロシアとの善隣外交関係を構築しようという意向に反している。

5.アダム・シフ下院議員は元政治コンサルタントのロジャー・ストーン氏が先の選挙でヒラリー・クリントン氏に関する情報を前もって知っていたとして、ウィキリークスのサイトが情報の暴露を準備していることを公けに明らかにしていたにもかかわらず、ストーン氏を根拠を明かさないまま非難した。

6.民主党議員らはロシアが「信憑性のないニュース」を広めているとして非難した際に、これを証明するのにウィキリークスなど100%信憑性のある情報を公表する機関の報道を引用した。

7.FBIのジェイムス・コミ長官は、機密データーを公表したジャーナリストらを治安維持機関が追跡したといったケースは「自分の人生」では聞いたことがないと語った。

8.公聴会でジェイムス・コミFBI長官は、議会代表のブレダ・ヴェンストラプ氏が、FBIのトップとして特務機関に怪しまれるを危惧せずにイラク大使ないしは他国の大使との会談が行えるかとの質問に答えなかった。

9.民主党議員らの中には米選挙への「ロシアの干渉」に宣戦布告を行うべきと要求する者もあった。

10.マスコミが信憑性のない報道を行うことは違法ではないのか? FBIのコミ長官はこれについて「もしマスコミが行ったことがすべてレポーターと話した上で嘘をついたのであるならば、これは法に違反しない」と回答した。

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント